妊婦 食事 ダメ

妊婦にとってダメな食事には何があるの?

妊婦さんが口にしてはいけないダメな食事があります。
妊婦さんのお腹の中には赤ちゃんがいます。

 

妊婦

 

妊婦さんにとって食事とは、自分自身の栄養のためだけでなく
お腹の赤ちゃんが元気にすくすくと育つためでもあるわけです。

 

妊娠初期の妊婦さんにおすすめしたい食事はこちらの記事で解説しています。

 

妊娠初期の妊婦におすすめの食事は?

 

この記事では妊婦さんにとって食べてはいけない食事について解説します。

 

 

妊婦さんにとってダメな食事は?

 

マグロなどの大型の魚

 

マグロ

 

マグロなどの大型の魚は小さいイワシなどを食べて生活しています。
で、イワシなどの魚も、もっと小さい魚やプランクトンとを食べて生活しています。

 

何がいいたいか?というと海には水銀が多少なりとも存在しています。

 

プランクトンや小さい魚が水銀の入ったものを食べるごとに
大きな魚になればなるほど、水銀が濃縮されていくのです。

 

つまり大型の魚を妊婦さんが食べると水銀をより多く口にする可能性が出て来るわけです。

 

たとえば、100gのマグロと、100gのイワシだったら
マグロの方が大型なので水銀がイワシより多く含まれている可能性が高いです。

 

ただ、妊婦さん以外は魚の水銀を心配する必要はありません。
健康に被害がでるほどの量ではないからです。

 

でも、お腹の赤ちゃんは水銀の影響を受けやすいと言われています。
お腹の赤ちゃんが水銀の影響を受けてしまうと
神経や脳に障害が出る事があると言われています。

 

そのため、妊婦さんはマグロなどの大型の魚は食べない方が無難でしょう。

 

生の魚介類

 

生カキ

 

たとえば生ガキが当てはまりますが
生の魚介類には食中毒の原因になるノロウイルスが入っていることがあります。

 

特に妊婦さんは体の抵抗力が弱いってることが多いのです。

 

妊婦さん以外の方が食べても問題ないものであっても
妊婦さんが食べるとノロウイルスによって食中毒が起こりやすいです。

 

もし食中毒が起こると下痢や嘔吐がひどく起こり
栄養状態が悪くなり流産や早産の原因になることがあります。

 

そういった意味では生ガキなどの生の魚介類は妊娠中はやめておきましょう。

 

生肉

 

特にに豚のレバーはダメです。
トキソプラズマという流産や早産の原因になる寄生虫が入っている可能性があるからです。

 

豚のレバーでなくても生肉には寄生虫が入っていて
流産や早産の原因になるだけでなく、お母さんの命に関わる場合もあります。

 

そういった意味でも妊娠中に生肉を食べるのは避けましょう。

 

以上が妊婦さんにとってダメな食事に関する解説でした。

 

スポンサードリンク

関連ページ

妊娠初期の妊婦におすすめの食事は?
妊娠初期の妊婦におすすめの食事についてわかりやすく解説しました。
妊娠後期の妊婦の食事でおすすめは?
妊娠後期の妊婦さんにとっておすすめの食事をご紹介します。

トップページ 目次 食育資格一覧 食育に関する情報